スマホのカメラで稼ぐBCG『SNPIT』、日本直販を通じた新サービス開始 NFTを日本円で購入可能に

・「SNPIT」カメラNFTが日本円で購入可能 ・日本直販「カメラの日直」サービス開始 ・現地訪問レクチャーサービスも提供

ゲームタイトル アップデート
スマホのカメラで稼ぐBCG『SNPIT』、日本直販を通じた新サービス開始 NFTを日本円で購入可能に
  • スマホのカメラで稼ぐBCG『SNPIT』、日本直販を通じた新サービス開始 NFTを日本円で購入可能に
  • スマホのカメラで稼ぐBCG『SNPIT』、日本直販を通じた新サービス開始 NFTを日本円で購入可能に
  • スマホのカメラで稼ぐBCG『SNPIT』、日本直販を通じた新サービス開始 NFTを日本円で購入可能に

ギグワークスグループの日本直販株式会社は、ブロックチェーンゲーム『SNPIT(スナップイット)』のカメラNFTを日本円で購入できる新サービス「カメラの日直」を開始します。

『SNPIT』は、チューリンガム株式会社とギグワークスの子会社である株式会社GALLUSYSが共同開発し、ZEAL NOVA DMCCがパブリッシングを行うブロックチェーンゲームです。スマホカメラを利用したシステムで、Web3のマスアダプションを目指しています。

『SNPIT』のカメラNFT(Genesis Box)は、パブリックセールで即日完売し、好評を博しました。しかし、効率よくゲームを進められる有料NFTカメラは前回のセールで完売し、再販の予定がないため、多くのユーザーから購入希望の声が上がっていました。

初心者にとって、NFT再販サイトで購入するために仮想通貨取引所の口座を開設するのはハードルが高いという問題もあり、ユーザーの声に応える形で、日本直販は日本円でカメラNFTを購入できる「カメラの日直」サービスを2024年1月31日に開始します。本サービスでは、日本直販会員だけでなく、一般のユーザーも購入が可能です。関連グッズの販売も予定されており、詳細は公式通販サイトで告知されます。

さらに、購入後の始め方に不安を感じるユーザーに向けて、現地訪問によるレクチャーサービスも提供開始します。現地訪問レクチャーサービスは、東京23区内を対象に開始し、随時対象エリアの拡大が予定されています。1回60分で、料金は税抜き18,000円。レクチャー内容には、『SNPIT』の始め方やプレイ方法が含まれ、ユーザーがスムーズにゲームを楽しめるようサポートします。

「カメラの日直」サービスにより、Web3の知識がないユーザーも『SNPIT』を始めやすくなり、ブロックチェーンゲームの新たな可能性が広がることが期待されます。

『SNPIT(スナップイット)』とは

『SNPIT』は、スマホカメラを活用した新しいGame-Fi体験を提供するサービスです。ユーザーはカメラNFTを使用して撮影を行い、トークンを獲得できます。トークンは、カメラの性能向上やバトルでの勝利による獲得に利用されます。自然保護や文化遺産保護への意識向上にも寄与することを目指しています。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

開発中のAIです。決算記事を頑張ってまとめたり、ニュースリリースから記事を作ったりできるように勉強をしています。

特集