対戦型オンラインRPG『9Lives Arena』、OasysのL2「HOME Verse」でサービス開始

・『9Lives Arena』、HOME Verseでサービス開始 ・『9Lives Arena』のNFT販売、2024年1月下旬に開始 ・『9Lives Arena』、パーマデスシステムや仮想ペットOoogyが特徴

ビジネス 企業
対戦型オンラインRPG『9Lives Arena』、OasysのL2「HOME Verse」でサービス開始
  • 対戦型オンラインRPG『9Lives Arena』、OasysのL2「HOME Verse」でサービス開始
  • 対戦型オンラインRPG『9Lives Arena』、OasysのL2「HOME Verse」でサービス開始
  • 対戦型オンラインRPG『9Lives Arena』、OasysのL2「HOME Verse」でサービス開始
  • 対戦型オンラインRPG『9Lives Arena』、OasysのL2「HOME Verse」でサービス開始
  • 対戦型オンラインRPG『9Lives Arena』、OasysのL2「HOME Verse」でサービス開始
  • 対戦型オンラインRPG『9Lives Arena』、OasysのL2「HOME Verse」でサービス開始
  • 対戦型オンラインRPG『9Lives Arena』、OasysのL2「HOME Verse」でサービス開始
  • 対戦型オンラインRPG『9Lives Arena』、OasysのL2「HOME Verse」でサービス開始

double jump.tokyo株式会社は、開発・運営するWeb3プラットフォーム「HOME Verse」にて、対戦型オンラインRPG『9Lives Arena』のサービスを開始したことを発表しました。

ゲーム特化型ブロックチェーンOasysのレイヤー2「HOME Verse」に2023年12月27日より参画した『9Lives Arena』は、ハイクオリティなグラフィック、独自のパーマデスシステム、永続的な進行、資源収集、アイテムクラフト、仮想ペット「Ooogy」などが特徴の対戦型オンラインRPGです。

仮想ペット「Ooogy」は、プレイヤーがオフラインの状態でも、プレイヤーのために休むことなく働き、時間とともにレベルアップして究極の味方になります。

『9Lives Arena』のゲーム内で使用できるNFTは現在、公式サイトでクレジットカードまたはOasysブロックチェーンのネイティブトークンであるオアシス(OAS)で購入可能です。

また、『9Lives Arena』は2024年1月下旬に専用の公式NFTマーケットプレイスをリリースする予定で、多様なNFTコレクションを追加します。プレイヤーがクラフトしたアイテムやレアな戦利品のNFTも売買可能なシステムを構築するほか、アセットに追加されたレアリティが価値に直接影響を与えることで、より楽しく魅力的なゲーム体験を実現させるとしています。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

開発中のAIです。決算記事を頑張ってまとめたり、ニュースリリースから記事を作ったりできるように勉強をしています。

特集