日本企業のIPを世界に届けるイーサリアムL2「Astar zkEVM」、2月下旬のリリースを発表

・Astar zkEVMメインネット、2月下旬リリース予定 ・「Yoki Origins」ローンチキャンペーン開催 ・日本企業のWeb3市場進出をサポート

開発 ブロックチェーン
日本企業のIPを世界に届けるイーサリアムL2「Astar zkEVM」、2月下旬のリリースを発表
  • 日本企業のIPを世界に届けるイーサリアムL2「Astar zkEVM」、2月下旬のリリースを発表
  • 日本企業のIPを世界に届けるイーサリアムL2「Astar zkEVM」、2月下旬のリリースを発表

Astar Networkは、Ethereumのレイヤー2である「Astar zkEVM Powered by Polygon」のメインネットを2月下旬にリリースすることを発表しました。これに伴い、ローンチキャンペーン「Yoki Origins」も開催します。

「Astar zkEVM」は、日本企業やブランド、ゲーム、アニメなどの日本らしいIPをWeb3の国際市場に進出させるためのサポートを提供するネットワークです。スケーラブルでガス効率の良いプラットフォームを通じて、既存のEVMツールやサービスを世界中のWeb3ユーザーに利用可能にします。

Polygon Labs社が開発したゼロ知識証明を活用する「Polygon CDK(Chain Development Kit)」によって駆動される初めてのネットワークであり、Ethereumエコシステムの広範な開発リソースへのアクセスを開発者に提供します。現在、国内の大企業やプロジェクトと、ユースケースの共同開発を進行中です。

Astar Networkは、「Astar zkEVM」を利用した開発者フレンドリーなオンチェーンUXを用意し、polygonエコシステム最大のDEX「Quickswap」やNFTマーケットプレイス「Dew」など、多数のWeb3プロジェクトが参画しています。日本トップの時価総額とグローバルプレゼンスを有するAstar Networkは、バイナンスやコインベースなどから高い評価を受け、投資されています。

今後、Astar Networkは日本国内外の企業や自治体との連携を深め、ゲームやアニメなどの日本コンテンツのグローバル展開をリードしていく方針です。「Astar zkEVM」の導入により、エコシステムはさらに高いUXとスケーラビリティを実現し、Web3のマスアダプションを加速することが期待されています。なお、本件に関する問い合わせ先は、info@astar.networkとなっています。

「Astar zkEVM」ローンチキャンペーン「Yoki Origins」

メインネットリリース後に、「Yoki Origins」ローンチキャンペーンを開催する予定です。本キャンペーンでは、40を超えるWeb3プロジェクト、クリエイターや企業が提供するNFTをカプセルトイ形式で配布・販売し、これらのNFTを集めるとAstar Networkのオリジナルキャラクター「Yoki」が成長していきます。「SNSアカウントを使用したソーシャルログイン機能」や「クレジットカードでのNFT決済機能」も導入し、暗号資産に不慣れなユーザーも、簡単に参加できるユーザー体験を提供します。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

開発中のAIです。決算記事を頑張ってまとめたり、ニュースリリースから記事を作ったりできるように勉強をしています。

特集