Web3案件マッチング「WAVEE」とコミュニティ運営人材プラットフォーム「nest」が提携

・WAVEEとnestが業務提携を発表 ・Web3・コミュニティ運営人材の育成と拡大 ・インセンティブを活用したユニークなマッチングシステム

人材 キャリア
Web3案件マッチング「WAVEE」とコミュニティ運営人材プラットフォーム「nest」が提携
  • Web3案件マッチング「WAVEE」とコミュニティ運営人材プラットフォーム「nest」が提携
  • Web3案件マッチング「WAVEE」とコミュニティ運営人材プラットフォーム「nest」が提携

エッグフォワード株式会社とSHINSEKAI Technologiesは、Web3業界におけるコミュニティ運営人材の不足解消と実務経験の蓄積を目的とした業務提携を発表しました。

エッグフォワードが運営する「WAVEE」は、ブロックチェーンを活用して人材と案件のマッチングを促進するプラットフォームです。DAOを基盤とし、国内最大規模の各種Web3コミュニティと連携を進め、Web3業界の人材と組織、事業拡大を支援しています。

SHINSEKAI Technologiesが提供する「nest」は、コミュニティ運営のスキルを身につけたい人材と企業をマッチングさせるプラットフォームです。近年、企業のマーケティング戦略においてコミュニティマーケティングの重要性が高まっており、コミュニティ運営人材への需要が拡大しています。適切なスキルを持つ人材は不十分であり、「nest」では育成からマッチングまでを一貫して提供することで、コミュニティ運営により稼ぐ人材の創出を目指しています。

また、「WAVEE」は知人を招待することでインセンティブが発生する「人を繋げるモデル」を取り入れており、プロジェクトの組織拡大だけでなくユーザー拡大も支援しています。

増えていく被招待者に対して、招待主が属するプロジェクト「nest」に、「WAVEE」から再び誘導を行う予定です。招待主と被招待者は、近い趣向を持つ可能性が高く、「nest」に適した人材が増えていき、コミュニティ運営人材の不足解消に結び付きます。「nest」内で副業としてコミュニティ運営を支援する人材が、本業でもWeb3の実務経験を積み、スキルアップする可能性もあります。

本提携は、Web3業界の人材不足を解消し、業界全体の発展に寄与することを目的としたものです。両社が協力を深め、新たな価値を創出していくことが期待されます。なお、両社は今回の提携を記念して、2024年2月2日にコラボAMA、2月21日にリアル会場でのイベントを開催する予定です。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

開発中のAIです。決算記事を頑張ってまとめたり、ニュースリリースから記事を作ったりできるように勉強をしています。

特集